CHINA研究所

現役中国語講師 Chika が、中国事情を気ままにつづります☆

【友人編】中国留学の思い出②

f:id:ChikaEsaki:20181210113508j:plain

※ 筆者撮影

 

今日も前回に引き続き、中国に留学していた頃の思い出について書きたいと思います。

私が中国の北京に留学していたのは、2007年&2008年でした(連続していった訳ではなく、2回に分けて行ったのです)。

思い返すと、今から10年以上も前の事なんですね…。

そこで出会ったのは、現地の学生に加え、世界各国から訪れた、個性豊かな留学生たちでした。

Facebookもない時代、連絡先も知らずに別れてしまったため、中にはもう2度と会うことができない人たちもいます。

今回もその人たちのことを思い返しながら、留学生活の思い出をつづってみたいと思います。

 

◆ グローバル男子のポン君 ◆

 

f:id:ChikaEsaki:20181206170500j:plain

 ※ 写真はイメージです。

 

中国留学中に非常に印象深かった中国人の友人というのが、このポン君でした。

ポン君は、何というか、中国人らしくないところがありました。ノリがアジアではなく欧米的って言うんでしょうか…。

彼にも中国人の友人は何人かいたのですが、それはほんの数えるほど。ほとんどの友人は世界各国から来た留学生でした。

というのも、彼は元々北京よりも遥か内陸にある、内モンゴル自治区のとある街の出身だったのですが、彼のお父様が教育に先見の明のある方だったようで、幼い頃からオーストラリア人を半分家庭教師のような形で同居させていたというのです。

そのため、彼は英語ペラペラ。欧米の友人が数多くいました。

 

f:id:ChikaEsaki:20181210112117j:plain

 

また、留学生慣れしているためか、中国語の発音もとてもきれいで、生粋の北京っ子の発音を聞き取るのに四苦八苦していた留学当初も、彼の中国語は難なく聞き取ることができました。

 

そんな彼は超モテモテ

彼がバスケットコートに行くと、女子たちが色めき立つのがわかります。そんな彼は、中国人女子だけでなく、韓国人・ロシア人の女子のハートも射止めていました。

何となくですが、中国や韓国ではやっぱり背が高い方がモテる傾向がある気がします。

 

f:id:ChikaEsaki:20181210112739j:plain

 

なぜ私がそんな彼と知り合ったのかというと、彼は留学生社会にすっかり根を下ろしており(?)、北京に留学に来たばかりで勝手がわからぬ生徒の実質的な世話係となっていたからなのです。

中国現地の携帯を購入・契約する時に、留学生の子たちについていって、手助けをしてくれたのも彼でした。

 

また、顔がとにかく広いため、彼を通して知り合った世界各国の友人もたくさんいます。

中国の学生は学内の寮に住むのが一般的でしたが、彼は裕福な家庭の出身だったからか、ノルウェー人2人と韓国人1人の男の子計4人で、学外に部屋を借りて住んでいました。

 

f:id:ChikaEsaki:20181210112954j:plain

 

また、コロンビアや東ティモールなど、日本にいてはあまり知り合いになれないような人とも、このポン君を通じて出会うことができました。

話は逸れますが、この東ティモールの人との出会いも、私にとってはすごく印象的な出来事の一つでした。私が彼に出会ったのは、2007年当時。

東ティモールは2002年に出来たばかりの国ですから、2007年といえば建国わずか5年。まだまだ政情も不安的な時期でした。

そんな中で中国に留学に来た彼は、「国を我が手で作っていく」という気概に溢れていました

そんな彼は、とても熱心なキリスト教。日曜日の度に王府井にある教会に通っていたのを覚えています。後で知ったことですが、東ティモールカトリック教徒が圧倒的多数を占める国なんですね(^^)

あれから彼はどうしているのだろう…と今も時々思い出します。

 

f:id:ChikaEsaki:20181210112522j:plain

 

元のポン君の話に戻りますが、アメリカ人・ロシア人・南アフリカ人・モンゴル人など様々な国の留学生と仲が良かった彼は、多くの日本人の友人がいました。

 

そんな彼は、まだ中国に来たばかりの留学生達を集めて天安門などの観光地に連れて行ってくれたり、また私自身が体調を崩して入院した時には、日本人の友人達と一緒に病院まで付き添ってくれたりしました。

 

f:id:ChikaEsaki:20181210113150j:plain

 

そんな留学生の父(?)的な存在だった彼ですが、私自身は帰国後、彼とは全く連絡を取らずにおりました。

ところが時は流れて6年後、彼とfacebookでつながっていた日本人の友人から「そーいえばポン君今度日本に来るってよ。ご飯でも一緒に食べよーよ♪」と誘われたのです。彼の弟分である10代の少年を連れて、日本に遊びに来るということでした。

数年の時を経て再会した彼は、大学卒業後、イギリス大使館で働いているとのこと。幼い頃から培った特技を活かして、自分の仕事を見つけたのでした。

そして2018年現在、彼は国際結婚をして、中国国外に暮らしています。

 

内モンゴルの小都市に育った彼は、北京の大学で世界各国の色んな人に出会って、自分の世界を広げて、そして自分の生きる場所を自分自身で見つけたのでしょう。そんな彼は、私にとってはとても眩しく思えます。

 

f:id:ChikaEsaki:20181210114331j:plain

 

一つの言語を勉強することで、色んな人に出会い、自分の世界を広げることができます。

英語に+αで、あなたも中国語を学んでみませんか

 

私が中国語講師を務めるストアカでも、初心者の方でもイメージしやすく、わかりやすい授業を心掛けていきます(^^)

レッスンの始めには、身近な外国語である英語との対比も行いながら、「中国語はどんな言語か」といったところから丁寧に説明していきます♪

皆様にレッスンでお会いできるのを楽しみにしています!

 

www.street-academy.com

声調最難関!? 第3声の攻略法☆

f:id:ChikaEsaki:20181211171809j:plain

 

今日は、日本人が最も苦手な声調、第3声の攻略方法について、たっぷり解説していきたいと思います(^^)

そもそも声調って何!!?という方は、下記の記事をご参照ください☆

 

chikaesaki.hatenablog.com

 

テキストによっては、「日本人は第二声が苦手」「第二声の上がり方が足りない!」なんて書いてあったりします。

ただ、私個人の体験からしても、また数多くの生徒さんを見てきた経験からも、実は第三声が一番日本人が苦手とする声調なのではないかと思っています。

なぜ第三声が難しいのでしょうか?

どうやったら、きれいに発音できるようになるのでしょうか?

そこで、今回は第三声の発音のコツについて、ガッツリご紹介していきます!!

 

f:id:ChikaEsaki:20181211172124j:plain

 

第三声って、実は3種類!!?

 

これは意外に思われる方もいるかもしれません。

でも、実は第三声って、一種類じゃないんです!!

それぞれに発音のコツがありますので、その違いを頭に入れておくと、発音がスムーズにいきますよ(^^)

 

① 第一~四声 + 第三声 もしくは、第三声を単体で発音

⇒ この時の第三声は、いわゆる普通の第三声

 

f:id:ChikaEsaki:20181211172205j:plain

 

【例】方法(fāng) 词典(cídiǎn) 电影(diànyǐng

 

これは普通の第三声なので、しっかり発音することを心掛けましょう。

「あーあ(失敗しちゃった…)」という、残念な気持ちを表す「あーあ」というと、驚くほど三声が完璧に発音できちゃいます!

そう、この発音のコツは、最初の「あー」をしっかり下に落として、最後の「あ」をぽんっと付け加えること。

声調符号自体がそういう表記になっているので、皆さん勘違いしやすいのですが、三声は決して同じだけ下がって同じだけ上がるのではありません

しっかり下がった後は、ほんのちょっぴり上がるだけ!!

これを意識するだけで、三声の発音は劇的に改善します(^^)!

 

② 第三声 + その他の声調

⇒ この時の第三声は『半三声

 

f:id:ChikaEsaki:20181211172251j:plain

 

【例】

起床(chuáng)  简单(jiǎndān)  考试(kǎoshì)

 

半三声を言う時のコツは、「短めに発音すること」です。

①のいわゆる普通の第三声では、「最初の「あー」をしっかり下に落として、最後の「あ」をぽんっと付け加える」と説明しました。

でも、この半三声では、最初に「あー」と下げたら上がりません。すぐ、次の音節に移ります。

短く言う半分の三声だから「半三声」と覚えてください(^^)

 

③ 第三声 + 第三声

⇒ この時の最初の第三声は「第二声」に変わる。

 つまり第二声 + 第三声

 

【例】

你好(hǎo) 水果(shuǐguǒ) 洗澡(zǎo)

 

※ 実際の読み方は第三声 ⇒ 第二声に変化しますが、

表記上は「第三声のまま」ですので、要注意です!!!

 

このような声調の変化を、「変調」と言います。

変調に関する詳しい紹介については、下記の記事を参照ください♪

 

chikaesaki.hatenablog.com

 

終わりに

 

f:id:ChikaEsaki:20181211173023j:plain

 

声調は、中国語の基礎の基礎ながら、決してバカにはできない重要なものです。

 

特に、声調がずれてしまうと、せっかく口の形や舌の位置が正しくても、相手に通じなくなってしまいます

もちろん、外国人ですから声調を間違えるのは当たり前。

ただ、指摘された時にちゃんと自分で修正できるよう、基礎の四声は「え~と、え~と…」頭でと考えなくてもできるよう、体にしっかり沁み込ませておく必要があります。

 

特に中国語の発音は、自転車に乗るのと一緒です。頭でわかるのではなく、自分自身の体にしっかり覚え込ませて、後で一人でも再現できるようになるのが理想です(^^)

 

現在、ストアカでは、オリジナルテキストを使用した、中国語の発音に特化したレッスンを開講しています。

 

www.street-academy.com

 

ぜひぜひお気軽にご受講ください(^^)

皆様にレッスンでお会いできますのを、楽しみに致しております♪

 

www.street-academy.com

中国語で言ってみる!回数 & 持続時間

f:id:ChikaEsaki:20181203131455j:plain

 

上海は2回行ったことあるって言いたい時、何ていえば良いの?」

あなたのこと3時間も待ったよ~って言いたい時、中国語では何て言うの?」

 

…という訳で、今日は、中国語で回数持続時間を言いたい時の言い方について、一緒に見ていきたいと思います(^^)

これは会話でも良く使う表現ですし、また、中国語検定などでも、この語順についての問題は頻出しています。

中国語を習う上で、絶対に外せないポイントですので、しっかり覚えていきましょう(^^)

中国語の文法はパズルと一緒。順番さえ覚えてしまえば、後はそれを応用するだけです。

なので、今回もまず基本の語順を押さえていきたいと思います!

 

① 動作の回数を言う時

 

 

f:id:ChikaEsaki:20181203132127j:plain

 

【基本語順】

主語 + 動詞 + 回数 + 目的語

 

そう、回数は、動詞と目的語の間に挟むのです。

 

【例】

 

一次饺子

私は一度餃子を作ったことがあります。

 

每天只两顿

彼は毎日、二食しか食べません。

 

ちなみに文脈から目的語を省略しても意味が通じる場合などは、目的語を言わずに、「两次(私は2回行ったことがあります)」などとも言えます。

 

なお、目的語が「彼」や「彼女」などの『人称代名詞』の時は、回数は目的語の後に来ます。

 

一次

 

② 動作の持続時間を言う時

 

f:id:ChikaEsaki:20181203132226j:plain

 

【基本語順】

(1)主語 + 動詞 + 持続時間 + 目的語

(2)主語 + 動詞 + 目的語 + 動詞 + 持続時間  

(3)主語 + 動詞 + 目的語(人称代名詞) + 持続時間  

 

このように、持続時間を言いたい時には3種類の言い方があります。

(1)と(2)はどちらで言っても構いません。また、(2)と(3)も、どちらで言っても大丈夫です。ただし、(1)と(3)の互換性はありません

つまり、(2)の文型が、一番汎用性の高い言い方になります。(少々くどいですが)

なお、(3)については、目的語が『人称代名詞』の時に限ります

 

【例】

 

(1)十年汉语

(2)汉语十年

(3)三个小时

 

※ ちなみに、(3)の場合、(2)の文型に則って「三个小时」といっても大丈夫です。

 

終わりに

 

f:id:ChikaEsaki:20181203132547j:plain

 

中国語の文法は、英語ほど複雑ではありません。

ただ、この回数や持続時間の言い方を自分のものにするためには、日常生活の中で使ってみることが大事です(^^)

また、これらの並べ替え(語順整序)については、中国語検定でも毎回のように出題されています。

基本の型さえ覚えれば確実に点を取れるポイントですので、ここはしっかり押さえていきましょう♪

 

中国語検定対策4級問題集[改訂版]《CD付》

 

なお、中国語検定の攻略法としては、やはり過去問を解きまくる、ということが一番です。

その中で傾向(よく出題されるポイント)もわかっていきます。

 

私が現在講師を務めるストアカでも、中国語検定対策等、生徒さんお一人お一人のニーズに合わせたレッスンを行っていきます。

皆さまにレッスンでお会いできますのを楽しみに致しております(^^)

 

www.street-academy.com

 

 

初心者でも簡単☆ ピンイン「n」と「ng」の見分け方

f:id:ChikaEsaki:20181203111834j:plain


 タイトルを見て、「ん?何を言っているのかな???」と思われた方もいらっしゃるかもしれません(^^;)

確かに、中国語を学習したことが無い方にとっては、「何のこっちゃ」かもしれません。

ですが、これは中国語を勉強し始めたばかりの方(特に中国語検定準4級・4級を受験予定の方)にとっては、かなり切実な問題なのです。

中国語には鼻母音といって、最後に「」で終わる発音と、「ng」で終わる発音があります。

 

【例】

① yan(言)とyang(阳)

② lian(连)とliang(良)

③ chuan(穿)とchuang(窗)

④ xin(新)とxing(星)

⑤ san(伞)とsang(嗓)

 

f:id:ChikaEsaki:20181203111904j:plain

 

上記はほんの一例ですが、このように、最後が「」で終わるか「ng」で終わるかで、同じ声調でも、意味する漢字が全く変わってきてしまいます。

 

なお、上記の例でいくと、①や②については、真ん中の「a」が、「n」で終わる時には日本語の「」の発音、「ng」で終わる時には日本語の「」の発音になります。

 

■「yan≒イン」「yang≒イン」

■「Lian≒リン」「liang≒リン」

 

そのため、聞き間違えることはほとんどありません

しかしながら、日本人にとって非常に聞き分けが難しいのが、③~⑤の発音です。特に中国語初心者の方であれば、違いについて聞き取れる可能性は非常に低いです。

なので、一つ一つの音節をきっちり聞き分けるというより、単語全体の音の感じを記憶して、それと【ピンイン・漢字・日本語のの意味】の3点セットで覚えるのが、遠回りなようで一番の近道でしょう。

 

中国語検定対策4級問題集[改訂版]《CD付》

 

そして、その日本人が苦手とするところをすかさず狙ってくるのが中国語検定。笑

中国語検定の中でも、特に4級については、この「n」と「ng」の違いについて引っかけて(?)くる問題も少なくありません。

 

例えば、【银行】の正しい読み方は次のうちど~れ??といった聞き方をしてくる問題では、下記のような選択肢が並びます。

 

(1)yínghán

(2)yínháng

(3)yīnhán

(4)yínxíng

 

うん、ややこしい。笑

もちろん、ピンインを丸暗記していて「これ!!」とすぐに選べれば良いのですが、どうしてもわからない時に使える裏技があります。

 

★「n」で終わるか「ng」で終わるか、見極める裏技★

 

★ 日本語で漢字を音読みして、「」で終わる場合

⇒ ピンインで書くと「n」で終わる

 

★ 日本語で漢字を音読みして、伸ばす音(コウやソウなど)で終わる場合

⇒ ピンインで書くと「ng」で終わる

 

この【银行】の場合、「ギン」は「」で終わっているので、①の選択肢は除外されます。

コウ」は「伸ばす音」で終わっているので、正解は②か④のどちらかになります。

 

では、どちらが正解かというと、②が正しい答えになります。

というのも、実は「行」は多音字

 この場合は、「業種」を表すため、「háng」が正解となります。

 

chikaesaki.hatenablog.com

 

先ほどの①から⑤の例で、確かめてみましょう。

 

① yan(言=ゲ)とyang(阳=ヨウ

② lian(连=レ)とliang(良=リョウ

③ chuan(穿=セ)とchuang(窗=ソウ

④ xin(新=シ)とxing(星=セイ

⑤ san(伞=サ)とsang(嗓=ソウ

 

確かに、この法則にのっとっていることがわかります(^^)!

 

終わりに

 

f:id:ChikaEsaki:20181203112058j:plain

 

中学や高校で、日本人が必ずといっていいほど習う漢文

その中に出てきた『五言絶句』や『七言律詩』などについて、「何で日本人が読んでも韻を踏んでるのがわかるんだろう?」と不思議に思っていました。

それが、中国語を習い始めて以降、その謎がやっと解けました。

漢字は中国から伝わってきたというのは日本人なら誰もが知るところです。

なぜ21世紀に生きる私たちが漢詩の韻の違いを楽しめるのかといえば、その中国語の音の名残が現代日本語の中にも息づいているからなのです。

こんなところでも、歴史のロマンを感じることができますね!

 

漢詩を中国語で読めたら、格好いいですよね!

でも、それには中国語の発音の習得が不可欠になります。現在、ストアカでは、オリジナルテキストを使用した、中国語の発音に特化したレッスンを開講しています。

 

www.street-academy.com

 

ぜひぜひお気軽にご受講ください。

皆様にレッスンでお会いできますのを、楽しみに致しております♪

 

www.street-academy.com

教科書には載ってない!?現地でよく耳にした実践中国語

f:id:ChikaEsaki:20181206170146j:plain

※ 筆者撮影

 

私は日本で2年間中国語の勉強をしてから、中国に渡りました。

ただ、日本でしっかり勉強していったつもりでも、現地に行くと「あれ?これ教科書には載ってなかったよ!??」という言葉が多々ありました(^^;)

そこで、今回は、そんな言葉の数々を当時のエピソードを交えながら、ご紹介したいと思います。

ちなみに、私が当時住んでいたのは中国の首都、北京です。

言葉によっては、他の地域の方はあまり使わない可能性がありますので、ご注意ください!

 

① 干嘛(gànmá)

 

f:id:ChikaEsaki:20181206170500j:plain

 

「あなたは何をしているのですか?」という模範的な日本語を中国語訳すると「你在做什么呢(nǐ zài zuò shénme ne)?」が妥当なのかもしれません。

しかし!!現地の人たち(=生粋の北京っ子)が多用していたのが、「你在干嘛呢(nǐ zài gànmá ne)?」という表現でした。

中国人の男の子と仲良くなってショートメールをした時、(当時はスマホはまだ登場しておらず、黒くて小さい玩具みたいな携帯を使っていました。ボタンを押すと、音がピッピッと鳴るやつです。懐かしい…)、彼のメールの第一声はいつだって「你在干嘛呢(nǐ zài gànmá ne)?」でした。

日本語に訳すと、「今何してんの??」的な意味でしょうか(^^)

最初は「え…何これ?こんな中国語習ってないけど!!」となりましたが、毎回毎回の文脈から、「あ、これは挨拶代わりって感じなのね。確かに日本でも若い子は『ね~ね~何してんの~?今ヒマ~??』的なこと言ったりするもんね!」と納得できるようになりました。

ちなみにですが、「干嘛(gànmá)」で「ど~してよ!/何でよ?」といった意味を表すこともできます。

 

② 啥(shá)/咋(zǎ)

 

f:id:ChikaEsaki:20181206170602j:plain

 

日本で習っていったのは「什么(shénme)何」「怎么(zěnme)どうした」という言葉でしたが、中国人の人が日常的に使っていたのは「啥(shá)≒ 什么(shénme)」「咋(zǎ)≒ 怎么(zěnme) 」といった表現でした。

これは、中国でも北方に住んでいる人が好んで使う表現だと聞いたことがあります。

例えば、教科書に出てくるような表現は、北京の人は下記のように言うことが多かったです。

 

【教科書で習う表現】

你在做什么呢(nǐ zài zuò shénme ne)?あなたは何をしているのですか?

 

【北京っ子が使っていた表現】

你在干啥呢(nǐ zài gàn shá ne)? 何してんの?

※ちなみに、「你在干嘛呢(nǐ zài gànmá ne)?」も、ほぼ同様の意味で使えるとのこと。

 

【教科書で習う表現】

你怎么了(nǐ zěnme le)? あなたはどうしたのですか?

 

【北京っ子が使っていた表現】

你咋了(nǐ zǎ le)? どしたの?

 

うーん、日本語では上手く違いを表現できませんが、上記のような表現をすると、かなり現地人っぽさが出ます

ただ、別に日本人が無理してこの表現を使う必要はなく、言われた時に「あっ、こういうことを言われているんだな」とわかれば大丈夫です(^^)!

 

③ 哦(o)/ 嘞(lei)/ 呗(bei)などの語気助詞

 

f:id:ChikaEsaki:20181206170652j:plain

 

日本語でも「~だ」の後に、「」とか「」とか付けて細かいニュアンスを表しますよね?

中国語にも、これと似たような「啊(a)」「呀(ya)」「呢(ne)」などの語気助詞があります。

これらはメジャーどころなので(?)、日本でよく目にする中国語の教科書にも載っています。

しか~し!!中国に行って驚いたのが、他にも色々な語気助詞があるということです。

下記に実例を見ていきましょう。

 

蛮好吃(mán hǎochī o)~♡ ん~めっちゃ美味しいわぁ~♡

(hǎo lei)! よし!/あいよ!

你愿意走就走(nǐ yuànyi zǒu jiù zǒu bei) 行きたいんだったら行ったらいいだろ!

 

ちなみにですが、この「呗(bei)」は、ど~しても感覚が日本語の「~だべ」の「」と被ってしまいます。(上記で言うと、「行きたいなら行ったらいいだんべ!」)

故郷は言わずと知れた「だんべ文化圏」に属する地域のため、悲しいかな「食べてみん」的な表現が骨の髄まで染みついてしまっているのです…。

話は逸れましたが、このように、中国現地では色んな語気助詞が使われています

  

番外編

 

f:id:ChikaEsaki:20181206170804j:plain

 

中国では、数々の罵り言葉「脏话(zānghuà)」を耳にしました…

色々ありすぎて(過激すぎて)ここには書けませんが、「お、おう…こんな表現もあったのね!」と、日本人のナナメ上をいく表現があったりしました。

女性が言っているのはあまり聞いたことがありませんが、男性陣は日本語でいうところの「くそっ!!」といったニュアンスで、これらの「脏话(zānghuà)」を多用していました。

 

また、喧嘩時にはこれら「脏话(zānghuà)」の言葉のオンパレード!

中国では、日本で遭遇する以上の頻度でケンカを目にすることが多かったのですが、そんな時にこれらの「罵り言葉」が本領を発揮しておりました…。

 

日本人が自らこれらの汚い言葉を発すると、現地で余計な面倒に巻き込まれる可能性があるのでお勧めできません。が、知っておくとより中国事情を理解できるかもしれません(^^;)

 

終わりに

 

f:id:ChikaEsaki:20181204103919j:plain

 

日本語でも「いかにも教科書に載っていそうな『正しい』日本語表現」と「実際に日常会話で日本人がよく使用する言葉」には、乖離があったりしますもんね!

中国人の知人に聞いたところ、中国でも日々新しい表現が生まれているとのことです。その移り変わりは激しく、次々に流行語が生まれているのだとか。

そんなところから、中国の現代社会が垣間見れて興味深いです(^^)

 

私が中国語講師を務めるストアカでも、上記のような中国現地事情について、折に触れてご紹介していければと思っています(^^)

皆様にレッスンでお会いできるのを楽しみにしています!

 

www.street-academy.com

知ってて安心♡ 中国人に喜ばれるプレゼント 5選

 

f:id:ChikaEsaki:20181206150032j:plain

 

以前、中国人の方にあげるとNGなプレゼントについて、ブログ記事でご紹介しました。

 

chikaesaki.hatenablog.com

 

今日は、逆に中国人の方にあげると喜ばれるプレゼントについてご紹介します。

中国によく出張に行かれる方、中国人の友人がいる方は、必見です(^^)

 

① タバコ

 

f:id:ChikaEsaki:20181206145215j:plain

 

ビジネスで中国に出張に行かれる方にとっては、タバコは無難なプレゼントの一つです。

せっかくプレゼントをあげるなら、相手が使ってくれるものが一番です。

前回の記事でご紹介したとおり、中国は特に年配の男性の間で喫煙者人口が多い国。毎日のように吸うタバコは、いくらもらっても困らないものです。

なお、あげる時には、安いタバコでは相手への敬意が伝わりません。それなりの高級品を渡すようにしましょう!

ちなみに、中国で高級タバコといえば、「中華」が有名です。

相手の好みが聞ければ一番ですが、もしわからない場合は、上記のような少し値の張るタバコをあげるようにしましょう(^^)

 

② お酒

 

f:id:ChikaEsaki:20181206151619j:plain

 

お酒も、よく中国の方にあげるお土産の一つです。

中国の宴会では、お酒を持ち込みオーケーなところも多いです。「せっかく良いお酒をいただいたのだから、宴会会場に持って行って、皆でいただきましょう!」となることもあります。

中国の比較的高級なお酒をあげることもありますし、お好きな方には日本酒をあげても良いかもしれません。

ちなみにですが、お酒はやはり40~50代以上の世代が良く飲む印象があります。

俗に90后(ジョウリンホウ)と呼ばれる、今の20代くらいの世代では、白酒(バイジョウ)など50度以上の強いお酒は、あまり喜ばれないかもしれません。

これは、①でご紹介したタバコでも同様です。

贈る相手を見て選ぶのが一番でしょう。

 

 ③ 日本のお菓子

 

f:id:ChikaEsaki:20181206152934j:plain

 

日本のお菓子も、中国で喜ばれるお土産の一つです。

私自身も、中国に出張する際には、空港の免税店でお菓子を買って、取引先の方にお渡ししていました。

ただ、なお、気をつけたいのがそのあげ方です。

相手が日本人の場合、よく「職場の皆様でお召し上がりください」ということが習慣になっていたりします。

ただ、それをそのまま中国の方に言うと、「え…それってもしかして『あんたにあげるんじゃないからな、皆にあげるんだからな』…てこと??」となりかねません。

中国では、一人の方に一つのお土産をあげるのが基本です。

そのため、例えば董事長一人にお菓子を一箱渡したとすると、「職場のみんなに配るかどうか」は、董事長自身の判断に委ねることになります。

また、「つまらないものですが…」といって必要以上に謙遜するのも、NGです。

そこは「これはとっても美味しくて、日本でも評判のお菓子なんですよ!ぜひ食べていただきたくて持ってきました!!」などと、素直に相手への気持ちを伝えましょう(^^)

 

④ 子育て用品

 

f:id:ChikaEsaki:20181206153101j:plain

 

仕事で親しくしている中国人の方に小さいお子さんがいる場合、日本の子育て用品を持って行くと喜ばれることがあります。

私の知り合いのビジネスマンは、中国人の方に頼まれて、出張時に紙オムツを持って行っていました(^^;)

またこれは私自身の体験になりますが、中国の取引先の方が日本に来日した時には、日本ブランドのミキハウス子供服をプレゼントしたこともあります。服なら紙オムツと違って持ちかさばりしませんし、軽いので、お土産としては最適な気がします。

相手の希望にもよりけりですが、もし「いかにも日本!」という感じを出したいなら、子ども用の甚平も可愛いかもしれません(^^)

なお、日本での爆買いの増加に伴い、中国の税関も虚偽申告等については、厳しく取り締まるようになっています。粉ミルクや紙オムツに関しては、大量に持ち込むと税関で引っかかる可能性がありますので、必ず、事前に最新の関連法を確認してから持って行くようにしましょう!

 

 ⑤ 化粧品

 

f:id:ChikaEsaki:20181206153323j:plain

 

これは、女性に喜ばれるお土産です。

私自身も、来日する顧客の中に中国人の女性がいた時、お土産用の化粧品を買いに行ったことがあります。ちなみに、その時は、SK-Ⅱの化粧水などをお渡ししました。

私がお会いした中国人の女性陣が口を揃えて言っていたのは「日本の女性って肌がきれいよね~!やっぱり日本の気候が湿潤だからかしら?」ということ。

そう、高温多湿の南部ならまた事情は違うでしょうが、北京を含む中国の大部分の都市は、日本と比べて乾燥しています

私も中国(北京)に住んでいた時には、よく肌がカピカピになっていました。

そんな時に欲しくなるのが、品質が良いと言われている日本の化粧品類!!!

資生堂など、メジャーどころが喜ばれる傾向がありますので、中国人女性に渡してみてはいかがでしょうか??

 

終わりに

 

f:id:ChikaEsaki:20181206153454j:plain

 

上記はビジネス用途にも使えるメジャーどころのお土産をご紹介しましたが、もし仲の良い友人であれば、その方の本当に欲しい物を贈るのが一番です(^^)

最近では、「日本の薬がめちゃめちゃ効く」ということで、話題になっているようです。

あくまで個人的な見解ですが、喉から来る風邪に効くという「銀のベンザブロック」が私の中の神薬です。 すでに何万円もつぎ込んでます。笑

なお、「【NG!】中国人に渡してはいけない贈り物」でもご紹介しましたが、中国人の方は赤を縁起の良い色として捉えています。

もし包装紙等を選べるのであれば、赤や金の配色のものを選ぶと、よりおめでたい感が出て良いかもしれません♪

 

私が中国語講師を務めるストアカでも、上記のような中国の文化について、折に触れてご紹介していければと思っています(^^)

皆様にレッスンでお会いできるのを楽しみにしています!

 

www.street-academy.com

ゼロから始める!中国語文法

f:id:ChikaEsaki:20181203132547j:plain

 

良く、中国語の文法は英語と一緒だと言われます。

果たして本当にそうでしょうか??

私が見てきた感じですと、日本語に似ている部分もあり、英語に似ている部分もあり、また中国語独自の文法もある、という感じです。

つまり、一概に英語と同じとは言い切れません

そこで、今回は、中国語の文法について、基礎から一緒に見ていきたいと思います。

この記事を読めば、文法の基礎的な構造についてわかっちゃいます(^^)!

 

① 基本文型あれこれ

 

(1)動詞述語文

 

f:id:ChikaEsaki:20181204101958j:plain

 

主語 + 動詞( + 目的語 / 補語

  【例】

中国人。 彼は中国人だ。

学习汉语。 私は中国語を勉強する。

下来。 (あなたは)座ってください。

 

★ 否定形

動詞の前に“”を入れる。

  【例】

中国人。 彼は中国人ではない。

 

(2)形容詞述語文

 

f:id:ChikaEsaki:20181204103202j:plain

 

主語 + ( “”など + )形容詞

 【例】 

认真。 彼女は真面目だ。

热情。 彼は親切だ。

 

★ 否定形

形容詞の前に“”を入れる。

その場合、程度を表す“很”は消える

  【例】

热情。 彼は親切でない。

 

(3)名詞述語文

 

f:id:ChikaEsaki:20181204103919j:plain

 

主語 + 名詞

 【例】

今天十二月二十号。 今日は12月20日だ。

今天星期天。 今日は日曜日だ。

 

★ 否定形

名詞の前に直接“”は置けないので、必ず“”という動詞を入れて、それを打ち消す形にする。

  【例】

今天星期天。今日は日曜日ではない。

 

② +αで、より細かく描写

 

(1)時間詞

 

f:id:ChikaEsaki:20181204103036j:plain

 

時間を表す言葉(時間詞)は、主語の前か後ろのどちらかに置かれる。

  【例】

明年打算去上海旅游。

昨天我没看见他。

 

(2)副詞

 

f:id:ChikaEsaki:20181204103057j:plain

 

■ “很” “真” “非常”などの程度を表す副詞。 ⇒ その言葉が修飾する言葉の直前

■ それ以外の副詞。⇒ 述語の前

 【例】

她是个非常体贴的人。

我是日本人,他是日本人。

 

(3)助動詞

 

f:id:ChikaEsaki:20181204103237j:plain

 

助動詞は述語の前に置かれる。

 【例】

这里可以拍照吗?

游泳。

 

(4)前置詞句

 

f:id:ChikaEsaki:20181204103312j:plain

 

前置詞句は述語の前に置かれる。

  【例】

在这里工作。

给他写了一封信了。

一直往前走。

 

終わりに

 

f:id:ChikaEsaki:20181204102522j:plain

 

いかがでしたでしょうか?

これを読むと、確かに基礎的な文法は英語と同じですが、日本語に近い部分もあったのではないでしょうか?

中国語は、本当にパズルのような言葉です。

英語のように、時制の変化も無ければ、代名詞の変化もありません。それぞれの単語がどこに来るか、その語順によって意味を取る言葉です。

今回ご紹介したのは、本当に基礎の基礎です。

例えば、もう少し細かい描写をしたい時には、これより複雑な文法の構文を習う必要があります。

それについては、また次回以降、一緒に詳しく見ていきましょう(^^)

 

CD付 聴ける!読める!書ける!話せる! 中国語 初歩の初歩

 

 

私が現在講師を務めるストアカでも、中国語検定対策等、生徒さんお一人お一人のニーズに合わせたレッスンを行っていきます。

12月からは、初心者の方でも感覚的に中国語の文法を掴める、文法特化講座を開催しております!

皆さまにレッスンでお会いできますのを楽しみに致しております(^^)

 

www.street-academy.com